opt your images in the air 360°view
             
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年 12月 19日 (月) 10:25 | 編集
探旅



どうもお久しぶりです【yae】です。
ちょっと間が空いてしまいましたね。

というわけで版権絵を期待している方には申し訳ないですが、またオリジナル絵を。
天使の輪を探しに世界を旅する妄想を膨らませてました。
続編は、多分、ないよ!


これ、線画ラフを修正しながら塗ったので清書はしてないんですけど、ウチの塗り方だとあんま関係ないのかなぁと思えてきました。
線画苦手なんですけどね!今まで不透明度0できっちり描くか、厚塗りだと線画なしだったりして。
水彩だと鉛筆で線画を書いちゃうんですけどね。
もういっそ、CGっぽく塗るときでも鉛筆で線画描いてもいいんじゃないかと思えてきました。
ようするにペン入れなし、というのかな。
試し描きがコチラ
2011練習絵_144線画
少し丁寧に線の修正をして見ました。
ペン画よりは温かみがある気がします。
個人的には好み。
レイヤーを分けずに厚塗りっぽく塗ってしまう癖があるので、線画とのチグハグ感をなんとかしたいと思ってたので多少は親和性が上がった気がします。
一応塗る予定で!
しばらくこんな感じで様子をみつつ、また模索してみようと思います。



――――――――――――――――――
覚え描きというか、メモがてらに書き残し。
二点透視パースの消失点を求めずに大雑把に書くやり方をまとめてみました。
一枚絵の場合はマンガとも違うのでしっかりパースを書いたほうがいい気もするんんですけどね!!
パースエディタとか持ってないし落書きの延長から筆が乗ることの方が多いのである程度確立させようともがいてみました。

ラフ
2011練習絵_139_2

フリーハンドで描いてます。
かなり不自然なことになってますが、下書き以下のラフと思えばこんな感じ。イメージは、わかりますね。


ここから、直接パースを算出する方法がコチラ。


2011練習絵_139_5


等間隔にラインを入れたレイヤーをラフにあわせて変形させて重ねました。
消失点が分からないのでアイレベルは交差する線の交わる角度が一番水平に近くなる場所に仮定しました。

下書きと色の着いたラインを見れば結構ズレがあります。
色つきの線(いわゆる補助線)を参考に清書してみます。

2011練習絵_139_8

こうなりました。
ドアの大きさとかはもっと小さくするべきですね、っていうかちゃんと調べて大雑把にでも寸法を見たほうがいいですね!ひどい!
でも、ここまでの作業がおよそ15~20分で描けるようになるのは時間短縮にはなりますね。
厳密に言えば狂いまくりなんですけども、ラフの時点でしっかり構図を決めてサイズバランスを取れていれば有効な手段だと思いました。
こまかいツッコミはなしでお願いします、わ、わかってる!自分でも!


踏まえて、ラフからの書き込みかたってものに慣れようと思いましてしっかり寸法を見つつ描いてみました。
一点透視だけど・・・。


2011練習絵_141

bcdさんの背景資料を参考に。
窓枠とかはほんと適当だったりするんですけど、資料見つつであれば書き込むことは可能なので「それっぽく」はなりました。
漫画アシ兼アニメーターの方に、っていうか昔から際と見てる人は知っていると思いますが、佐藤氏に添削してもらったんですけど合格をもらえたのでシメシメ。
とりあえずの目標は達成できました。わーい!

| - | - |
copyright (C)               all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。