opt your images in the air 360°view
             
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年 04月 04日 (土) 13:17 | 編集
練習用278_2


どんな主役をも凌駕する可能性のある唯一の花。
落ち込んでも、誰かが見てるよ、誰もが元気を分けてあげるよ。
誰にでも勇気は貰えるはず。
腐らずいこうぜ、オウイエ!

華中さん誕生日おめでとう!


というわけで、お久しぶりです、yaeです。
友達に絵を贈れる幸せをかみ締めています。
花言葉はもうシリーズというか、デフォルト!
かすみ草、好きなんですよね。
4月1日の誕生花でした。
また機会があればこうやって描いて送りつけようと思います!



さて、絵茶ログ!
一枚だけねー、なんとなく厚塗り、ラフですけど!

hgjhj24.png


レミリアをば。

最近、描くよりも、資料をしっかり見るということがたのしいです、んだ!



で、ここからは、余談ですよ。
ルーブル美術館展にいってきました!



ru-vuru.jpg


フェルメール、ラ・トゥールなど、17世紀の絵画を中心に展示されていたのですけども。
なんていうか、圧倒的でした。

奥行きだったり、空気遠映法とか、確立してるようなしていないような。
写実的なような、そうでもないような。
絵のバックボーンに宗教や政治権力がちらついていたり。
生の絵画は迫力が違いました。
是非、興味がある方は見に行ってみてくださいね。


個人的には、常展しているほうの、モネ目当てだったりしたんですけどね(台無し)
やっぱ、印象派が好きなようです。
19世紀後半の、一気に科学力が上がる時代。
絵の具も高品質になり、写実的な描写よりも写真技術の発達。

いわゆるバルビゾン派が好きで、その一瞬の描写と絵が持つ勢いとかパワーとか。
これは、ほんと生で見るとわかることなんですけど、キャンバスに叩きつけているんですよ。
まさに、圧倒的。
コチラも同じチケットで入れるので見に行ってみてね!



| - | - |
copyright (C)               all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。